夜の悩み

セックスが疲れる、しんどい原因とは?疲れやすいエッチの特徴と対処法

疲労するセックスって?
     
    セックスするとなんで疲れるんだろう?お悩み解決バナー

    セックスが疲れる、つらいと感じたことはあるでしょうか?せっかくのラブタイムも、体力が持たなくてしんどいと心から楽しめないかもしれません。その場合、楽しいと感じるセックスをするためにも、まずは疲れる原因を知りたい所です。では、セックスが疲れる原因は一体どんなことなのでしょうか。体力のなさも一つのきっかけになり得ますが、もちろん原因はそれだけとは限りません。

    エッチはカップルが二人で楽しむものであり、どちらかが疲れすぎてしまうのはもったいないことです。また、セックスに不満を持ち続けているとセックスレスになる恐れもあります。セックス後に筋肉痛や腰痛がつらい、翌日ぐったりするなどの疲れを感じたら、二人で対策を考えてみましょう。

    この記事では、疲れるセックスの特徴や原因、対処法を詳しく解説しています。理由がわかると、セックスを楽しいものに変えるためのヒントも見えてくるはずです。男性の射精までの時間が長くなりやすい、騎乗位がつらいなど、原因が明らかな方に向けたアドバイスもチェックしてみましょう。

    セックスが疲れる…これって普通のこと?

    セックスで疲れるのって私だけ?

    「セックスが疲れる」と感じるのは、人によってはとてもつらいことです。パートナーと一体感を味わえて幸せなはずの時間がつらいのはなんだか悲しいことですし、何よりsex自体を楽しめなくなりそうで不安にもなるかもしれません。セックスが疲れる、しんどいと感じるのは普通のことなのでしょうか?また、もし自分以外の人も同じように思っているからといって、そのままにしておいても良いのでしょうか?

    セックス疲れについての疑問を持つ方のために、ここではセックスに疲労を感じている人がどれくらいいるか、アンケート調査からひも解いてみました。併せて、放置した場合のリスクについても紹介します。

    「セックスが疲れる」と感じる人は74%!

    セックスをして「疲れる」と感じた経験のある方は、意外にもたくさんいます。セックスに伴う疲労は決しておかしなことではなく、「自分だけでは?」と不安になる必要もありません。

    マイエルシーのアンケート調査「セックスによる疲れについて」では、「セックスで「疲れた」と感じたことはありますか?」に対して女性回答者の74%が「はい」と答えています。疲れる原因としては「相手がなかなかイケない」「連続でした」など長時間のセックスや、「無理な体勢」「騎乗位」など体位の問題、そもそも体力や筋力がないといった内容が挙げられていました。

    Q1.セックスで「疲れた」と感じたことはありますか?

    また、疲労感の理由には悪いことばかりではなく「ゆっくり愛し合ったため」「充実感もある」といった回答もあります。セックスで疲れるといっても、一概に悪い意味ばかりではないようです。

    エッチに疲れを感じたらすぐ行動!

    このまま楽しめないのは嫌だから改善したい!

    エッチに疲れを感じることはある意味普通のことですし、デメリットばかりでもありません。とはいえ、エッチが疲れてしんどい、積極的になれないと感じている場合には早めの対策が必要です。もしカップルのどちらか、もしくはお互いがセックスに不満を持っている場合、不満を放置するとセックスレスに繋がることもあります。

    セックスは本来なら愛を深める行為であり、癒しや安心感を得られるものです。心地良く疲れることはあっても、「しんどい」「きつい」と思いながらでは楽しめないでしょう。つらい思いをしながらのセックスになってしまっている人は、改善のためにもまずは疲れの原因を見極めてみてください。

    「疲れる」と感じやすいセックスの特徴~男性編~

    彼、なんだか疲れてる?

    彼氏が自分とのセックスに疲れているような気がしたら、以下の疲れやすいセックスの特徴に当てはまっていないかチェックしてみましょう。女性が気付かないうちに、もしかすると彼はがんばりすぎているのかもしれません。また、女性側には問題がない場合でも、何らかの理由で疲れてしまう男性もいます。

    女性が完全に受け身で反応が薄い

    自分ばかり頑張ってる気がする…

    女性が完全に受け身になっているセックスは、男性が疲れを感じやすくなります。男性ばかり動くことになるとどうしても体力を消耗してしまいますし、「自分ばかりががんばっている」と不満が溜まりがちです。

    また、男性ががんばっても彼女の反応が薄いと、張り合いがなくなってしまうこともあります。男性のなかには、自分より大切な彼女が感じてくれることを優先する人や、女性が感じる姿に興奮する人も多いものです。しかし、彼女が感じているのかどうかわからないのでは不安になり、反応してもらおうとがんばりすぎて体力ばかりを奪われてしまうでしょう。

    遅漏でなかなかイケない

    なかなかイケなくてつらいな

    男性がセックスで疲れてしまう理由は、パートナーとは関係ないこともあります。男性の多くは射精をすることでセックスを一段落と捉える傾向にありますが、なかには射精まで長く時間がかかる遅漏の方もいます。遅漏の男性はイクまでに時間がかかるため、セックスで疲れてしまうことも多いのです。

    遅漏に明確な定義はなく、「射精まで○分以上かかる方は遅漏」といった決まりもありません。しかし、射精までの時間が長すぎて疲れる、しんどいと不便を感じている場合には遅漏の可能性が高いと言えそうです。遅漏の男性は、自分で射精までの時間をコントロールできません。疲れたからそろそろ射精したいと思っても、自分の意志でイクことは難しいでしょう。

    遅漏の定義や対策などを知りたい人は、こちらもチェックしてみてください。

    動き方をよくわかっていない

    どう動けばいいんだろう…お悩み解決バナー

    セックスの仕方をよく知らず、わからないままやみくもに動いている男性も、セックス疲れを感じやすくなります。セックスでは男性が主導で動くことも多くなりますが、経験が少なめの男性だとどのように動かせばお互い気持ち良くなれるのか、うまく想像できません。腰だけ動かせば良い場面でも体全体で揺するようにしていたり、激しいAVの真似をしようとがんばったりして、余計な体力を消耗していることもあるでしょう。イメージ通りに動かそうとするあまり、動きが不自然になっているのかもしれません。

    あるいは経験不足の場合、女性に気を遣いすぎて疲れることもあります。「どうやって動いたら気持ち良いのか」「痛くないか」など気遣いながら動くことで、男性自身は自分の快感に集中できず、疲労が溜まってしまうのです。

    2回戦を求められる

    当然のこととも言えますが、セックスの回数が多くなれば自ずと疲れも溜まっていきます。男性としては1回で十分快感を得られて、程よい疲れを感じているときに、女性から「もう一度」と求められたら男性の体力も尽きてしまうでしょう。

    「疲れているなら断ってほしい」と思うかもしれませんが、男性のプライドや彼女への思いやりから断れない人もいます。また、女性から「もう一度したい」と思われるのは男性としても嬉しいことで、できれば要望に応えたいと思うもの。そのため疲れていても2回戦に応じてしまい、最後は疲れ果ててしまうのです。

    女性からの注文が多い

    注文が多くて集中できないな

    セックス中に女性の反応が薄くて心配になる男性もいますが、反対にあれこれと注文が多すぎても疲れてしまうことがあります。「こうして欲しい」と言われたら、男性としてはぜひ彼女の注文に応えたいと思うでしょう。とはいえ、注文のたびに集中力が途切れるために、セックスに夢中になりにくくなる面もあります。

    女性が自分自身の気持ち良い場所や動き方を知っているのは、とても大切なこと。それと同時に、相手へ自分の気持ち良い場所を伝えるのも、ラブコミュニケーションとして素晴らしいことです。しかし、やりすぎてしまうと彼が気疲れしてしまう可能性もあります。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    ヌレヌレ・マスカットキッス
    疲れた印象から、朝も夜もハツラツとした印象に
    商品を見る
    ラブコスメ リュイール ホット
    じんじんと高まる快感で情熱的なラブタイムを
    商品を見る
    リビドーロゼ
    性衝動をONにしてセックスに夢中に…
    商品を見る
    スカイビーンズ
    ラブグッズを使えば疲れを軽減できる!
    商品を見る
    さくらの恋猫
    二人で楽しめる新感覚ラブグッズ
    商品を見る
    ラブスライド
    もっと気持ちよくなれる繋がり
    商品を見る

    「疲れる」と感じやすいセックスの特徴~女性編~

    セックスしたら疲れたぁ…

    女性がセックスのあと真っ先に「疲れ」が気になるようになった場合、まずは彼とのセックスを見直してみましょう。女性が疲れを感じやすい場合、主にパートナーとの相性や相手からのアプローチの仕方が合わないことが関係しているようです。ここでは、女性が疲れを感じやすいセックスの特徴を紹介します。

    男性の動き方や愛撫が気持ち良くない

    男性の動き方や愛撫の仕方で気持ち良くなれないために、疲れてしまう女性もいます。セックスは多くの場合、男性主導になりやすく、パートナーのテクニックが満足度に大きく影響するものです。男性側が未経験だったり、独りよがりなセックスをしてきたりした場合、女性は感じにくく疲れを感じてしまいます。その結果、早く男性に射精してもらおうと女性がイク振りなどを繰り返していると、精神的にも疲れやすくなるでしょう。

    また、AVをそのまま真似したセックスなども、女性には気持ち良くないばかりか疲労が溜まりやすく大変です。いろいろな体位を試したり動きが激しすぎたりするセックスは、視覚的には刺激があっても体力を使う一方で、集中しにくく快感には繋がりにくいでしょう。

    セックスがマンネリ化している

    マンネリ化したセックスも、女性を疲れさせることがあります。長く一緒にいるカップルは、信頼や穏やかな愛情を強く感じるようになるとともに、セックスへの積極性や刺激が薄くなりがちです。長い付き合いならではのゆったりとした穏やかな関係も素敵ですが、それと同時に「セックスがいつも同じような流れになる」というデメリットも挙げられるでしょう。

    毎回同じような体位や手順で進んでいくセックスは、事務的で楽しみにくいかもしれません。次第に面倒になり、求められてセックスしても終わると疲れを感じてしまうものです。また、マンネリしてくると前戯を省くことも増え、さらに楽しめなくなっていきます。

    男性の愛情表現が少ない

    男性の愛情があまり感じられないセックスも、女性にとっては楽しめず疲れやすくなってしまいます。言葉や態度での愛情表現が少ないと、相手が自分のことを本当に好きかどうかわからず、セックス中も寂しくなって快感に身をゆだねられません。

    気持ちの良いセックスとは、幸せホルモンが分泌されてリラックスできるもの。もし不安要素があれば気持ち良さに集中できず、リラックスもできないまま疲ればかりが溜まります。多くの女性はセックスに肉体的な気持ち良さだけではなく精神的な充足感も求めるため、彼からのたっぷりの愛情表現も必要です。

    セックスの回数が多い・時間が長い

    男性でも女性でも同じことが言えますが、セックスの回数が多すぎたり時間が長かったりすると疲れやすくなります。パートナーに毎日求められたり、1日に何回もしたりとすると、当然疲れてしまうでしょう。特にセックスの時間自体が長い場合や、挿入が長いとバテやすくなります。

    男性が遅漏で射精までに時間がかかる、体力や精力がある方の場合、カップル間でも自分の満足できる回数や時間にすれ違いが生じやすいでしょう。短いセックスで十分な方も、長めのセックスを希望する方も、パートナーと好みや体力に差があると不満や疲れを感じる可能性があります。

    相手がずっと喋っている

    女性のなかには、テクニックよりもムードを大切にしたいと考える方もいます。そのためセックスの間に相手がずっと喋り続けていると、ムードが感じられずつらく感じることもあるでしょう。おしゃべりな人でも前戯や挿入の間にはセックスに集中していても、終わったあとには賢者タイムをものともせず、おしゃべりに興じることがあります。恋人にそっぽを向かれるのも悲しいものですが、まったりしたいときにおしゃべりを続けられるのも疲労を感じそうです。

    疲れないセックスはどんなもの?その効果とは

    セックスする度にもっと好きになる!お悩み解決バナー

    疲れないセックスのポイントは、お互いに思いやりを持つこと、愛情表現をたくさんすること、一つの体位で満足したら休憩することです。これらのちょっとした決まりを二人で守ることで、お互い疲れない幸せなセックスに繋がります。前戯~挿入などの過程で攻めを交代することも、疲れにくいセックスの特徴です。肉体的にも精神的にもどちらかに負担が偏りません。

    疲れないセックスの効果として一番注目したいのは、終わったあとに相手への愛情がより深まることです。より仲が深まってラブラブな関係を続けることができ、マンネリによるセックスレスも起こりにくくなります。

    疲れるセックスを楽しいセックスに変える方法!

    …使ってみない?

    楽しいセックスには心身ともにさまざまな効果が期待でき、二人の関係を深めるにも効果的です。疲れるセックスになりがちなカップルは、二人の関係をより良いものに変えていくために、楽しいセックスへと改善する工夫をしてみましょう。

    一度にいろいろなことを試そうとしない

    疲れるセックスを楽しい時間に変えるには、あまり焦りすぎず、少しずつ変化を加えていきましょう。今の状況を改善したいあまり、一気にあれこれと張り切ってしまうと余計に疲れてしまいます。セックスを楽しいものにしたい気持ちは大切なことですが、気負いすぎることなく、一つずつ気持ちに余裕を持ってチャレンジしていきましょう。

    また、一人だけでがんばりすぎると「私だけがんばっている」とむなしくなってしまいます。一人で抱え込まずに、カップルと話し合いながら、二人で足並みを揃えて理想のセックスを目指していきましょう。

    マンネリしている場合はラブグッズを使ってみる

    二人のセックスがマンネリによって疲れやすくなっていると感じる場合、ラブグッズで新しい刺激をプラスしてみるのもおすすめです。ラブグッズのなかでもライトなタイプなら、初心者にも安心して取り入れられるでしょう。ラブグッズを初めて使うカップルには「LCピンクローター」がおすすめです。小ぶりでかわいらしいビジュアルなので、初心者の方でも抵抗感なく使えるでしょう。細やかな刺激が心地良く、男性にも女性にも全身の愛撫に使えて万能です。

    二人で使っても楽しい『Cピンクローター』

    LCピンクローター

    振動の強さを好みで変えて、手や指とは違った快感を味わえます。丸っこくて可愛い形だから、初めての使用でも違和感がなく、二人で使っても楽しめます。愛撫が十分でないと満足度も下がってしまい、性交痛の原因にもなってしまいます。そんな時は、ラブグッズの力を借りて余裕を持ってラブタイムを過ごしましょう!

    セックスの楽しみ方について知りたい方はこの記事もチェックしてみてください。

    女性がリードする体位にも挑戦してみる

    男性がセックスで疲れすぎてしまう場合には、女性が積極的にリードする体位にも挑戦してみましょう。女性が感じにくくて疲れる場合にも、自分がリードすることで気持ち良い場所を探りやすいかもしれません。女性がリードしやすい体位としては騎乗位がメジャーです。とはいえ、騎乗位は女性が足腰の筋力や体力を消耗しやすいのも事実。できるだけ消耗をセーブしつつ気持ち良くなりたい方には、密着騎乗位がおすすめです。

    さまざまなバリエーションがある騎乗位や体位のバリエーションについて、詳しくはこちらを参照ください。

    疲れるセックスも工夫次第で楽しい時間に

    お互いが無理しないセックスで楽しいラブタイムを!

    セックスで疲れる方は案外多くいますが、疲れ方にも心地良い疲れと不満を残してしまう疲れがあるようです。不満を感じるしんどいセックスは心まで疲れて、カップルのセックスレスにも繋がりかねません。もしセックスに不満を感じたら、早めに二人で話し合いの場を持って、一緒に解決を目指しましょう。

    まずは疲れるセックスの原因を知り、お互い無理のないペースで改善策を取り入れていくことが大切です。疲れるセックスによく見られる特徴と自分たちのセックスを比較して、もし共通点があったら対策してみましょう。

    いつもの愛撫に刺激をプラス『LCハーバルローション・ホット』

    LCハーバルローション・ホット

    肌に触れるとじんわり温かくなって、感じてしまう!?指や手での愛撫にローションをプラスすれば、より快感が増してすぐに…!使い心地はとてもなめらかで、いつもと違う感覚に大胆に感じてしまうかもしれません。

    ローション風呂で愛情を深める『トロケアウ』

    トロケアウ

    セックスだけじゃなく、スキンシップを多めにして疲れを軽減してみるのもアリ!とろとろのローション風呂で触れ合うだけでも満足度が上がり、濃密な時間を過ごせそうです。いつもとは違った時間を過ごすことができるので、マンネリ防止にもなります。

    刺激的なラブグッズ『さくらの恋猫 NUKUNUKU』

    さくらの恋猫 NUKUNUKU

    アプリで遊ぶ!漫画、動画、ボイスと連動して動く新感覚ラブグッズ。焦らされたり、攻められたり、刺激的なラブタイムを過ごせます。愛撫で疲れてしまう時は、ラブグッズを使ってみましょう。お互いに使いあえば、新しい発見もあるかもしれません!

    【公式】目から鱗な「エッチな豆知識」が毎日読める!