告白の悩み

告白の断り方…傷つけない振り方はある?
LINEや直接等ケース別の方法!

告白の断り方!相手を傷つけない振り方や断る理由を上手に伝える方法!
     

    告白されたときの断り方というのはとても難しい…

    男性から付き合って欲しいと告白されたものの、こちらにその気がない場合に、どの様に断れば良いか分からずに悩んでしまった経験はありませんか?告白されるのは嬉しいことであると同時に、振り方次第で相手を傷つけてしまったり、その後の関係が険悪になってしまったりする可能性もあるため、告白されたときの断り方というのはとても難しいものです。

    そこでこの記事では、男性からの告白をどう断れば良いのかを解説します。相手を傷つけない優しい振り方のポイントやおすすめの理由、どの様な方法で答えるべきか、そしてNGな断り方などをまとめて紹介します。LINEやメール、電話や直接口頭など、断り方別の注意点もあわせて紹介するので、男性からの告白を断る際の参考にしてみてください。

    告白の断り方、どうすればいい?

    告白されたらなんて言って断ってる?

    告白されるのは嬉しいものですが、一方でどう断ればいいか分からずに悩んでしまうこともあるかと思います。

    実際、これまでに告白を断った後、あるいは自分が告白して断られてしまった後に相手と気まずくなってしまった経験がある方も多いのではないでしょうか?告白というのは男女の関係を一歩進めるために踏み込むことですから、断ることで元の関係には戻れないというケースも少なくありません。

    実際に恋愛に関するアンケート調査を行っているラブリサーチによると、「告白を断った/断られた後に相手と気まずくなったことがある」という女性が、なんと全体の6割近くにものぼりました。しかも、あると回答した人はその後、気まずくなったり喋りにくくなるだけでなく、一方が避けるようになったり、全く連絡を取らなくなったりしてしまうケースも見られました。

    告白は断り方次第で相手との関係が悪くなってしまい、気まずくなったり、交流がなくなったりしてしまうリスクもあるのです。

    告白を断る時、困るポイント

    後々気まずくならないか心配・・

    告白を断ることによって気まずくなってしまうリスクがあることはわかっていても、実際に告白されてその気が無い場合に、どの様に断ればいいのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

    そこでここからは、告白を断る際に困りがちなポイントを整理していきましょう。問題を整理することでどの様に断れば良いのかもわかってくるはずです。

    問題1.『断る理由(なぜ付き合えないか)』の答え方に困る

    告白を断る際に困るケースの1つ目は、告白を断る理由をどの様に答えればいいのか分からないというものです。

    外見が好みではない、性格が合わない、経済的な問題や社会的なステータス、コミュニティ内での人間関係など、告白を断る理由は様々あるかと思いますが、角が立たない様にそれを上手に伝えることは簡単ではありません。

    かといって適当に当たり障りの無い理由を取り繕っても、相手が納得してくれなかったり、諦めずに食い下がってきたりする可能性もあります。

    あなたの中での「付き合えない理由」を円満な形で伝えるのが難しいというのが、告白を断る際に困ってしまうポイントの1つといえるでしょう。

    問題2.相手を傷つけないか心配

    2つ目は、相手を傷つけない振り方が分からないというものです。

    告白を断るからといって、相手を嫌いとは限りません。むしろ相手もこちらに告白をしてくるということは、仲のいい友達同士など、親密な関係であることも多いのはないでしょうか。

    異性として付き合う対象とは見れなかったとしても、人として嫌いではない相手なので、なるべく傷つけないように振りたい。だけどそのためにはどの様な断り方をすればよいのか分からない。これも告白を断る際に困りやすいポイントといえるでしょう。

    問題3.キープしつつ断りたい

    3つ目は少々先の2つとは毛色が異なり、相手を思ってではなく、相手をキープできるように上手く断りたいというものです。例えば恋人としては悪くない相手だけど他に気になっている人や、言い寄って来る人がいる場合などには、この様な悩み方をする方もいらっしゃるかもしれませんね。

    相手を完全に拒絶せず、こちらへの好意をなくさない様に上手く断るというのは難しいものなので、キープするためにはどう断ろうか悩むというわけです。

    しかしこの理由で悩んでいる場合には、しっかりと断ることをおすすめします。人間関係がこじれるなどのトラブルに発展する可能性がありますし、何よりもあまり相手に対して誠実ではないですよね。

    確かにその人を振ったことを後悔する可能性もありますが、相手に対して後ろめたいことをするより、その時にまたこちらから真剣に向き合う方が、きっと素敵な女性になれるはずです。

    このページを見た人は、
    こんな商品を購入しています

    本草絵巻 しろつやびじん 薩摩みかんを購入する
    顔を洗い流した瞬間感じる"スゴイ!この透明感"
    商品を見る
    LCジャムウ・クレンジングクリームを購入する
    自然派の成分のクレンジング
    商品を見る
    プエラリア・ハーバル・ジェルを購入する
    バストマッサージ、保湿に
    商品を見る
    ジャムウ・ハーバルソープ
    黒ずみや臭いの元を泡パックでスッキリ
    商品を見る
    ネムリヒメ
    眠っている間の夜用美容ジェル
    商品を見る
    LCジャムウ・スカルプクレンザー
    髪や頭皮の臭い、べたつき、フケに
    商品を見る

    相手をあまり傷つけない!告白を断る理由3つ

    友達だしあんまり傷つけたくないな・・

    告白の断り方に迷う理由は様々ありましたが、やはり相手と気まずくならないためには、なるべく傷つけないように付き合えないことを伝えたいもの。そこでここからは、なるべく相手に失恋のショックを与えない「断る理由」を紹介していきます。

    断る理由1:「付き合っている人がいる」

    相手を傷つけたくない場合におすすめの理由の1つ目は、「付き合っている人がいる」というものです。略奪愛という言葉もありますが、実際には彼氏からあなたを奪い取ろうと考える男性は日本では少なく、恋人がいるという理由は失恋を受け入れやすいものといえるでしょう。

    ただし、実際に彼氏がいない場合にはこの理由はおすすめできません。嘘であることがバレると相手をかえって深く傷つけることになり、場合によっては気まずくなるだけではすまず、恨まれてしまうリスクもあります。

    近い理由として「好きな人がいる」というものもありますが、こちらはあなたが好きな相手との関係が確固たるものではないため、諦めない男性の割合が多くなるかもしれません。

    断る理由2:「今は恋愛をする気がない」

    2つ目のおすすめの「断る理由」は、あなたが今誰とも恋をするつもりがないというものです。仕事や学業など何か打ち込むものがあり集中したい、生活が忙しくて恋愛をしている余裕が無いなど、具体的な理由も添えるとよいでしょう。

    恋をするつもりが無いという理由は、「あなただからダメなわけではない」というニュアンスを伝えられるため、男性側が傷つきにくく、優しい振り方といえるでしょう。

    ただし、この断り方をした場合、男性が諦めずに、あなたが恋をする気になるまで待つと言ってくる可能性もあるため、相手が粘り強いタイプの場合には注意が必要です。

    断る理由3:「好みのタイプじゃない」

    3つ目の理由は、告白してきた男性が自分のタイプではないというストレートなものです。

    一見すると直球すぎて相手を傷つけてしまうのではないかと思いますが、男性の中には、オブラートに包んで気を遣われるとかえって傷つくというタイプもいます。自分には可能性が無いことをはっきりと言ってもらった方が良いという男性は意外と多いため、竹を割ったようなきっぱりとした性格の人には、正直にタイプではないと伝えることもおすすめです。

    告白を断る方法(手段)

    やっぱりLINEで断ったらダメかな?

    告白を断るにあたって、どの様な方法でお断りの意思を伝えるかも重要なポイントです。LINEや電話で伝える方法もあれば、直接面と向かって振る方法もありますが、それぞれに一長一短がありますので、個別に詳しく見ていきましょう。

    LINE・メール

    LINEやメールなどの文字を介した連絡ツールで告白を断る方法のメリットは、時間をかけて自分の考えを整理し、それを文章にして伝えることができるため、意思を上手く伝えられなかったり、思ってもみないことをその場の勢いで言ってしまったりする心配がないという点です。

    しかし一方で、告白の答えは、YesでもNoでも直接言って欲しいと考えている男性も多いでしょう。LINEやメールだと対面に比べてどうしても軽い印象は出てしまうため、勇気を振り絞った告白の答えをLINEやメールで済まされてしまったと、傷つけてしまう可能性もあります。

    電話

    電話は面と向かって話すのに比べると緊張しにくく、準備する時間も作れるというメリットがあります。きちんと自分の言葉で答えたいけれど、対面では上手く話せる自信が無いという方におすすめの方法です。

    デート時(告白されてすぐ)

    デート中などに告白され、時間をおかずにすぐに断ることのメリットは、相手に変に期待を持たせずに済むため、男性側が振られたことを受け入れやすいということです。

    ゆっくりと相手を傷つけない断り方を考える時間が取れないといったデメリットはありますが、告白された時に自分の意思がすでに固まっているのであれば、断るタイミングとしてはベストといえるかもしれません。

    直接(口頭で伝えるために時間を貰う)

    告白されてすぐに自分の考えを整理することが難しいのであれば、一旦時間をもらって後日断るというのもおすすめです。時間はかかっても面と向かって口頭で断ることで誠意は伝わりますし、頭の中を整理できるので誤解が生まれにくい方法です。

    ただし、先述の通り相手に期待を持たせてしてしまう可能性もあることは自覚しておきましょう。

    そもそも告白させない

    相手を傷つけたくない場合には、そもそも告白自体させない様にするという方法もあります。普段から「好きな人が別にいる」「今は恋愛する気がない」といったことを予め自然に相手に伝えておくことで、相手の男性が告白に踏み切ることを防ぐことができます。

    注意点としては、わざとらしくならないように、会話の中や友達を交えたやり取りの中などで自然に伝えられるようにすると良いでしょう。

    これはNG!男性が傷つく振り方3個

    最後に、男性を傷つけてしまう可能性が高い、NGな告白の断り方を紹介します。後々気まずくなりやすいだけでなく、場合によっては相手の心に深い傷をつけてしまう場合もあるので、これから紹介する振り方は避けるようにしてください。

    容姿を理由に振る

    容姿というのはある程度までは努力でカバーできるものの、生まれ持った要素が大きく、自分の意思や力ではどうしようもないものです。そのため、自分の顔立ちや身長など、ルックスにコンプレックスを抱いている男性も少なくありません。

    男性にとっても容姿はナイーブなものなので、告白を断る際には「顔が好きじゃない」「イケメンじゃないと無理」「身長が高い人が好き」など、容姿を理由にすることは避けましょう。例え本音がそうであっても、先に紹介した相手を傷つけない理由を参考にしてみてください。

    相手の人間性を否定する

    「○○なところが嫌い」「○○な人は無理」といった様に、人間性を否定する形での振り方は相手を傷つけやすい傾向があります。例え本音では相手の性格や考え方、あるいは生理的な部分などが受け入れられなかったとしても、そこを否定するような振り方をする必要はせず、付き合えないということだけを伝える方が良いでしょう。

    不必要に期待させる

    「あなたのことは好きだけど~だから付き合えない」といった様に、期待を持たせてしまい、諦めがつかない断り方に傷つく男性も多いです。穏便に済ませるつもりがこの様な断り方になってしまう場合もありますが、オブラートに包んだ断り方をする場合にも、おすすめの断り方で紹介した「恋愛をする気がない」といった理由の様に、期待を持たせる可能性が低い振り方をするようにしてください。

    断った後の自分の気持ちの整理(断る時の心構え)

    傷つく時は傷つくから割り切ろう!

    どれだけ気を配ったとしても、告白を断ることで相手を傷つけてしまったり、あるいは振ったことを悔やんだりと、後悔やもやもやが残ってしまう可能性をゼロにすることはできません。

    そこで、告白を断った後に気持ちを整理するための心構えを紹介します。

    割り切る

    最も重要なことは、恋愛というのはどうしても傷つく時は傷つくんだと割り切ることです。どれだけ傷つかないように配慮したとしても相手からの告白をなかったことにはできませんし、男性を全く傷つけずに元の関係を続けるということもできません。

    男性側もある程度は覚悟の上で告白をしてきているはずですので、できるだけの配慮はした上で告白を断り、後は割り切るということも大切です。

    はっきり伝えることで相手の為になることもあると考える

    告白をうやむやにせずにしっかりと断ることが、相手の為であると考えるのも重要です。実らない恋をいつまでも期待しながら抱え続けるというのはとてもしんどいことです。あなたが告白を受け入れるつもりが無い以上、はっきりと断ることで相手も新しいスタートを切ることができると考えると、少しは気が楽になるのではないでしょうか。

    自分の素直な気持ちに耳を傾ける

    男性からの告白を断ったとしても、後から相手の大切さに気づくということは十分にあり得ます。そんな場合には、「自分から振ったんだし今さら…」と自分の気持ちをごまかさず、自分がどうしたいのか、素直な気持ちに耳を傾けてみてください。

    本当に相手のことが好きで失いたくないと思うのであれば、今度は自分からアプローチするのは全くいけないことではありません。自分の気持ちに蓋をせず、一度本心を整理した上でどうしたいのかを考えるようにしてください。

    相手の気持ちに目を向け、後悔の無い告白の断り方を

    真剣に考えて後悔の無いように断ろう

    告白を断ったことをきっかけに、相手との関係が気まずくなったり、壊れたりしてしまうことは珍しくありません。その様な事態を避けるためには、どうすれば相手を傷つけずに断ることができるかを真剣に考えることが重要です。

    人の気持ちに正解はないため、間違いの無い断り方というものも存在しませんが、相手からの告白にどう答えればよいのかをあなたなりに考える上で、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

    LCジャムウ・デリケートパック
    LCジャムウ・デリケートパック

    臭いの元やデリケートゾーンに付着したおりものの汚れをすっきり流すデリケートゾーン用パック。お風呂上りにサッと使える軽く洗い流すだけのパックタイプで、デリケートゾーンの肌の引き締まりもキュっとサポート。ジャムウ・ハーブなどの自然材料を日本人に合わせてバランスよく調合し、成分の配合量や質感にもこだわりました。

    ヌレヌレ・マスカットキッス
    ヌレヌレ・マスカットキッス

    男性人気NO.1!思わず食べたくなる、美味しそうな『ぷるぷる唇』を作り出すラブコスメのキス専用美容液です。唇にひと塗りしただけで、もう止まらない気持ちよさ。印象的な香りとぷっくりと濡れたような魅力的な唇に。

    Vライントリマー
    Vライントリマー

    もじゃもじゃ、ゴワゴワ、下着からもうはみ出さない!アンダーヘアの先端をサッと丸く焼き切って、ちくちくが気にならない触り心地にするアンダーヘア専用ヒートカッターです。充電式だから持ち歩きやすく、外出先など気になったときに気軽に処理できます。