出会いの悩み

婚活に疲れた…デートがしんどい! 婚活疲れでつらい時の乗り越え方

婚活疲れを乗り越える方法
     
    疲れない婚活のやり方って?お悩み解決バナー

    婚活がつらい、疲れたと感じることはありませんか?何人もの男性と会ったのに一向に縁談が決まらないといった状況で、不満が溜まってしんどいのは「婚活疲れ」かもしれません。

    とんとん拍子に結婚が決まって婚活を終えられる人もいれば、なかなかいい相手が見つからずに苦戦してしまう人もいます。婚活生活が長引くと、疲れてついネガティブな気持ちになりがちです。また、長期間決まらないことで焦りが強くなると、余計に縁遠くなってしまう悪循環も考えられます。そんなときにうまく気持ちを切り替えて、婚活のつらさを乗り越える方法はあるのでしょうか?

    一方で「婚活を諦めたら相手が見つかった」という話も聞きます。これが本当なのか、どのくらいの人に起こりうることなのかも気になるところです。

    この記事では「婚活に疲れてしまった」、「もう婚活はしんどい」という人のための気分転換の方法や、疲れない婚活のやり方の工夫を解説します。一度これまでの婚活について振り返りながら、今後の婚活について考えてみましょう。

    婚活が疲れたと感じる、やる気が出ないのは珍しくない?

    婚活疲れって誰でも起こるの?

    婚活疲れは、誰にでも起こりうるものです。婚活を長くやっている人なら、あるときふと「疲れた」「しんどい」などと感じることがあるでしょう。特に、婚活がうまくいっていない人ほど疲れを感じやすくなります。結婚を決めるという高い目標があるので、進まないことでブルーになり、心身がお疲れ気味になるのです。

    婚活疲れとは

    婚活疲れとは、婚活を続けてきた人が急に人と会いたくなくなったり、燃え尽きたように結婚への希望を失ったりする状態を言います。現代の婚活は、マッチングアプリにせよパーティーにせよ、一度にたくさんの異性と会って話すことができます。そのためたくさんの候補と出会える一方、労力や時間を奪われ、精神的にも緊張を強いられて疲れてしまうのでしょう。

    また、婚活はかけた時間や努力したぶんだけ報われるとも限りません。あとから始めた人が先に結婚したり、頑張っているのに縁がなかったりすることもあり、精神的に負担が大きいものです。

    婚活疲れを感じている人の割合

    男女限らず、婚活に多少なりとも疲れを感じたことがある人は多くいます。

    実際にラブコスメのラブリサーチで「婚活疲れを感じたことはありますか?」とアンケートをとったところ、68%の方が婚活疲れの経験があると回答しています。

    Q.婚活疲れを感じたことはありますか?

    婚活を頑張る多くの人が、同じように疲労を感じていることがわかります。

    婚活で疲れてしまう理由とは?

    婚活で疲れるのはどうして?

    婚活疲れを改善するには、まずは婚活に疲れてしまう理由から探ってみましょう。多くの人が婚活に疲れを感じているとはいっても、「どの部分が辛いのか?」は人それぞれ異なります。自分がどのようなことを負担に感じているのかを知れば、対策も立てやすくなります。まずは自分がどのタイプに当てはまるかを確認していきましょう。

    休日などがなくなってしまう

    婚活は、出会いの場へ出ていったり、いろいろな人とデートを重ねたりします。会社帰りにもパーティーやデートには行けますが、休日こそ有効に活用しようとスケジュールを入れてしまう人は多いでしょう。

    平日は仕事、休日もパーティーやデートで埋めてしまうと、十分に休む時間がとれません。そのため肉体的に疲れが溜まりやすくなり、気力まで奪われてしまいます。婚活では今後発展の可能性を考えてまだ好きになっていない人とも会うことも多いため、デートもあまり楽しめず、時間を浪費した気持ちも大きくなりがちです。

    交通費やパーティー代などお金がかかる

    婚活には休日やアフターファイブなど時間をとられるだけでなく、お金もかかります。婚活パーティーへ行けば交通費と参加費がかかりますし、デートをすれば食事代なども必要です。魅力的だと思ってもらうための洋服代や美容代も欠かせません。また、結婚相談所に入会したなら入会金だけでも10万円以上、活動費も数万円単位でかかることがあります。

    お金をかけているのに成果が出ないと、精神的なダメージも大きくなるでしょう。お金が無駄になったと落ち込み、その気持ちが婚活疲れを引き起こすのです。また、婚活が長く続けば続くほど出費はかさみ、家計に影響を与えます。金銭的な不安もネガティブな気持ちにする原因の一つです。

    いろんな人に出会いすぎてわからなくなる

    出会いすぎてわからなくなってきたなー

    次々にお相手を紹介される結婚相談所やマッチングアプリ、一度に何人もの人と話すパーティーなど、婚活では短期間にたくさんの人に出会います。特により出会いやすいとされるマッチングアプリでは、あまりにもいろいろな人に出会いすぎた結果、誰が良いのかわからなくなったり、自分の理想を見失ったりすることもあります。

    マッチングアプリの特性によっては婚活をしている女性会員に対して、婚活をしている男性会員が少ない「男不足」の状態が生まれているサービスもあるようです。そういったマッチングアプリを使っている場合、対象が少ないとされる男性へのアプローチに労力をかけすぎてしまうことも考えられます。

    その結果、マッチングアプリは疲れた…という感情が出てしまい、婚活疲れの症状に陥ってしまうのかもしれません。

    また、出会いの数が多いのはチャンスの多さとも言えますが、短期間に大勢の人と出会い、そのなかで自分との相性を見定めていくのは大変なこと。良し悪しがわからなくなった状態で焦って判断してしまい、相性を見誤り余計に疲れることもあります。

    自分の条件を気にしてしまう

    婚活は自分が相手との相性を見定めるだけでなく、相手からも同じように見定められています。そのため自分の条件がダメなのではないか、他の人と比べられたら負けてしまうのではないかと気になる人も多いはず。特に、アプリでなかなかマッチングできない、パーティーでカップル成立にならないことが続く場合などは心配してネガティブな気持ちに拍車がかかります。

    断られるたびに自尊心が傷つく

    たくさんの異性と出会う婚活の場では、限られた情報から相手との相性を判断し、切り捨てることも必要です。そのためお互いに断ることも、断られることもあって当然ですが、やはり実際に相手から断られ続けると傷つきます。特に、自分が気に入っていた男性から断られるのはつらいものです。

    魅力的に感じるハイステータスの男性は多くの女性からアプローチを受けるため、余計に自分が選ばれる確率は低くなります。鋼のような精神を持っているなら平気かもしれませんが、高みを目指して挫折するのを繰り返していると、婚活自体に心が折れてしまうでしょう。

    断るのも精神的にきつい

    断られるのもダメージはありますが、自分が断るのも心苦しく、精神的な負担になります。婚活をしていると、自分の好みではない男性からアプローチを受けることもあるでしょう。自分にその気がなくても、相手が自分を気に入れば交際を申し込まれ、付き合ってみる気になれなければそのたびにお断りしなければいけません。

    優しすぎる人は、上手に断れないこともありますし、サービスによっては婚活をしている男性が不足している状況になる中で、せっかくの申し込みを断るのが惜しい気になることもあります。いろいろと悩んだり迷ったりする過程も併せて、断るのには気力が必要です。何度も断り続けると気力を奪われてしまい、婚活にも力が入りにくくなります。

    四六時中、婚活のことを考えてしまっている

    婚活に疲れてしまうのは、頭の中が婚活でいっぱいになってしまうせいもあるでしょう。一つのことにとらわれすぎると、そのことで一喜一憂しやすくなり、感情のアップダウンで疲れます。

    仕事、遊び、趣味、婚活も含めて、一点集中にならないようなスケジュールを作り、上手に回していくことが大切です。生活のすべてを婚活に結び付けて考えるのではなく、それ以外のことも同時に楽しむのがポイント。気分転換や楽しみの取り入れ方については、以下で解説します。

    婚活に疲れたとき・つらいときに効果的な気分転換の方法

    上手に気分転換して婚活を頑張ろう!お悩み解決バナー

    婚活に疲れてやる気を失ってしまうのは、上手に気分転換できていないせいかもしれません。疲れが出てきたら、結婚を諦めたくなる前に気分転換でリフレッシュしながら婚活していくスタイルに変更しましょう。楽しい日常を送りながら、同時に婚活も頑張ってみるやり方なら精神的にも楽になります。

    ライブやフェスなどに行ってみる

    婚活の疲れを癒すなら、思いっきり発散できるライブなどがおすすめです。非日常を過ごした特別感があり、「遊んだ」という充実感も得られます。野外フェスなら今まで知らなかったアーティストを知ることもできますし、青空の下でリフレッシュするという意味でも最適です。特定のアーティストのライブは好みが分かれますが、フェスなら「このあいだフェスに行きました」と婚活の場で話のネタにもできます。

    筋トレを始めてみる

    婚活疲れ解消には、筋トレを取り入れるのも良いでしょう。多くの科学的研究によって、筋力トレーニングにはメンタルヘルスを向上させる働きがあることが裏付けられています。

    睡眠の質を向上させたり、不安感を吹き飛ばしたりするにも運動は効果的です。さらに筋肉が増えることで代謝もアップして、ダイエット効果も期待できます。スタイルアップと同時に気分も上がり、素敵な恋のチャンスを引き寄せられるかもしれません。

    男友達を作ってみる

    婚活とは別に、男友達を作ってみるのもおすすめです。婚活の相手は条件で見てしまいますが、ただの友達なら条件など気にせずに作れます。男友達との恋愛トークでは異性の気持ちも聞けて、婚活のヒントになりそうです。その友達を通して、男性を紹介してもらえるチャンスもあります。

    男友達を作るのなら、スポーツジムや英会話スクール、オンラインゲームなどに参加してみましょう。ジム通いやゲームなどを楽しむだけでも良いリフレッシュになって一石二鳥です。

    自分磨きしてみる

    婚活で疲れたら、自分磨きに力を入れてみるのも良いでしょう。美容ケアは婚活にも役立ちますが、自己肯定感を上げるのにも有効です。新しいコスメでケアすれば、ちょっと特別な気分になれて対人疲れも吹き飛びそうです。

    たとえばヘアパフュームの「ナデテ」であれば、髪の美しいツヤを引き出すことができます。天然オイルが髪を艶やかに輝かせ、官能ハーブ「イランイラン」によって男性を惹きつける香りを演出します。毎日のケアにも使えますし、気になる人との勝負デートにも活躍しそうです。

    ナデテシリーズ
    ナデテシリーズ

    いい香りが漂うツヤツヤさらさらの髪が近くにあると、彼の抱きしめたい気持ちを掻き立てられます。髪にツヤを与え、女性の色気を香りでふんわりアピールするヘアパフューム「ナデテ」は、女性に勇気と自信も与えてくれ、男性をドキドキさせられます。

    疲れやすい婚活の共通点と改善方法

    婚活のやり方に問題があるのかな?

    婚活はある程度疲れるものでもありますが、もしかすると今の婚活のやり方自体に問題があり、余計に疲れていることも考えられます。婚活疲れを感じている方は、一度婚活のやり方を見直してみましょう。やり方を変えることで、気分が楽になる可能性もあります。疲れやすい婚活方法の共通点と、疲れないための改善方法をまとめました。

    今の婚活の方法が合っていない

    婚活に疲れるのは、パーティー・マッチングアプリ・合コンなど今の方法が自分に合っていない可能性があります。「成婚率の高い婚活」と自分に合う婚活は別です。世間で評価の高い婚活方法でも自分とは相性が悪いこともあるため、方法やサービスを選ぶ際には注意しましょう。

    結婚相談所に出向いたり、街コンへ行ったりと婚活方法はたくさんあるので、一つにこだわらずいろいろな方法を試してみてはいかがでしょうか。

    相手の条件が限定的すぎる

    婚活中は、現実では会えないまだ見ぬ相手に夢を見て、本当に自分が望む条件よりきつい条件になっていることも少なくありません。条件が厳しくなればなるほど出会える人の範囲が狭まり、相性の良い人と出会える可能性も減ってしまいます。

    対応策としては「身長175cm以上希望」なら「165cm以上」にしてみるなど、ほんの少し条件を緩めてみるのがおすすめです。一度条件を変えると、出会える人がどんな風に変わるのかを知ることができます。これまでにない出会いが増えて、出会える人の幅の広がりが婚活の楽しみになりそうです。

    想定期間が短すぎる

    婚活とは相手あってのもので、自分の期待したような婚活とは違い現実は上手く進まないこともあります。それにも関わらず婚活を短期間で済ませようとすると、焦りを感じて婚活疲れし、挫折しやすくなります。また「きっと1カ月もあれば良い人が見つかるだろう」と婚活を楽観視しすぎている人も婚活疲れしやすいタイプです。

    結婚を急かされている人や年齢を理由に焦っている人も、結婚はご縁あってこそのもの。がむしゃらに出会いを求めるのに疲れたら、ときにはチャンスを待つことも大切です。また、努力をしたからといって成果が約束されるものでもないので、気楽に構えて自分を鼓舞しすぎないようにしましょう。

    婚活疲れを乗り越えて、結婚する方法

    婚活疲れを表に出さないようにしよう!

    婚活に疲れて挫折しそうになっても、諦めるのはあまり得策ではありません。

    「諦めた途端いい出会いがあった」というのは、今まで失敗続きだった状態を変えてみたらプラスに働いたというケースを指していることが多く、本当の意味で諦めたりやめたりしている人は少ないのです。

    自分の心のケアは忘れないようにしつつ、結婚後の幸せを考えてもう一度頑張る気持ちを取り戻しましょう。婚活疲れを乗り越えるために覚えておきたいポイントを紹介します。

    婚活疲れを表に出さない

    婚活に疲れてネガティブになった状態だと、出会った相手に与える印象も悪くなってしまいます。たとえネガティブな思いがあっても、笑顔と出会いの時間を大切にする気持ちを忘れず、疲れた様子は見せないようにしましょう。メイクやファッションも「男性のため」と考えると嫌になってしまうので、自分のためのおしゃれだと思って楽しみます。

    もしも表に出るほど疲れてしまっている状況なら、無理せず休むことも必要です。婚活を続ける期間を決めて一度リフレッシュしても良いですし、続けられるなら少しペースを抑え気味にしてみてください。

    諦めない・投げ出さない

    婚活中の男女の約7割が疲労を感じているというデータもあるように、婚活はある意味、疲れて当然なのかもしれません。自分にとって楽な方法は模索しつつも、多少の疲れは割り切って受け入れましょう。

    一度完全に婚活を辞めてしまうと、再開するのが面倒になります。疲れてもまるっきり結婚を諦めるのではなく、細々とでも続けるほうがベターです。 疲れたならパーティーはお休みしてアプリだけは稼働させておく、結婚相談所の紹介件数を減らす、などの省エネ婚活に移行してみましょう。

    どうして結婚したいのかを改めて見つめ直すことも重要

    婚活に挫折しそうなときも、結婚したい理由を見つめ直すことで婚活の進め方や自分の気持ちを整理することができます。

    明確なビジョンのない婚活はモチベーションが下がりやすく、頑張る気持ちを維持できません。ただ漠然と婚活をするのではなく自分自身が結婚したい理由やパートナーとどのような関係性を築いていきたいかが整理できると、相手の条件や重視するポイントも絞りやすくなります。

    また、結婚後のビジョンがないと、せっかくの出会いも上手く発展していかない可能性があります。

    たとえば漠然と「自分を幸せにしてくれる人を探している」という感覚で婚活に挑んでいると、男性側は端々に重さを感じ、今後の交際に明るい未来を描けない事でしょう。
    そうではなく、明確なビジョンを持って「一緒に支え合ってその未来を目指していける人を探している」という姿勢になるだけで、相手に対しての言葉や行動にも自然と違いが生まれます。

    結果として、男性側も「この人と一緒に支え合って、こんな未来を目指したい」と具体的に感じられて、関係性が発展しやすくなるのです。

    婚活に疲れても「諦め」は禁物!疲れない工夫をして継続を

    諦めないで自分のペースで続けよう!

    婚活疲れは婚活を続けていると男女問わず多くの人が経験するものです。とはいえ、やる気を失った状態で積極的にはなれません。婚活に疲れたら、自分なりのリフレッシュ方法を試して気持ちをリセットしてみましょう。今やっている「疲れやすい婚活」スタイルが原因の可能性もあるため、まずは婚活のやり方から見直すのも有効です。

    一度辞めてしまうとそのまま挫折しやすく、結婚に繋がる可能性もぐっと下がってしまいます。とはいえ疲労でネガティブになっているとやる気も魅力も出ず、婚活がうまくいかないループに嵌るリスクもあります。悪循環には注意しながら自分のペースで婚活を続けていきましょう。

    ヌレヌレシリーズ
    キス専用美容液『ヌレヌレ』シリーズ

    ラブタイムの始まりはキスから。キス専用美容液『ヌレヌレ』は、男性がとまらなくなるような、濃厚なキスを求められる唇をサポートします。フェロモンを意識したオスモフェリンの香り成分が男性を刺激して、思わずキスしたくなってしまう唇を演出。体験したいキスの雰囲気に合わせて6種類のフレーバーから選べる点も人気です。

    ネムリヒメ
    ネムリヒメ

    朝、起きる度に若々しく、輝いていく自分がわかる、スリーピング・ビューティー・コスメ!塗って眠るだけで、質感はぷるぷる、なめらかでみずみずしい印象に導きます。